以前に前歯と歯茎の間に隙間ができてしまい、そこが黒ずんでしまったことがあり、芦屋市で有名な内科医で指摘され、歯科衛生士に診てもらいます。原因はわからないのですが、歯医者によると虫歯ではないとのことでした。しかし見栄えが悪く、尚且つ食べ物が詰まりやすいという理由により、プラスチックで隙間を埋めてもらうことにしました。治療後は見栄えも良くなり、ものが詰まることもありませんでした。円形脱毛症治療を大阪で診てもらったあと、しかしそれから数年後、このプラスチックが外れてしまったのです。そしてそのまま放置していると虫歯になってしまい、いよいよ本格的な治療が必要となったのです。前歯ということで、金属の使用には抵抗がありました。脳梗塞の再生医療でまた歯と歯茎の付け根に大きな虫歯ができたために、歯の多くを削って土台を作り、そこにセラミックの差し歯をはめ込む治療が勧められました。状況的にこれが一番の治療法だと感じ、歯医者が勧める通りセラミックの差し歯による治療を希望しました。もちろんセラミックは保険適用外です。それでも見栄えはまさに天然歯のようでした。治療費はかなりかかってしまいましたが、かなり満足しています。